使い方で効果が変わる!?膣内洗浄ジェルのインクリアの効果的な使い方

医薬品ではないので副作用の心配もなく、自分では治しきれないデリケートゾーンの嫌な臭いや蒸れをカットすることができる膣内洗浄ジェルのインクリア!

 

コスパもいいので、10代からでも始めやすく、20代〜40代に愛用者が多いことで注目されているインクリアですが、効果的な使い方を知っておけば、より早く効果を実感することができますよね。

 

インクリアの効果はさらに出すにはどのような使い方をすればいいのでしょうか?

 

始める前に知っておきたいインクリアの効果的な使い方についてご紹介します!

 

 

<インクリアの正しい使い方>

 

まずは基本的なインクリアの使い方を知っておかないと、いくら効果が出やすい使い方をしても十分に効果を発揮することができませんよね。

 

正しい使い方と言っても使い方は本当に簡単なので、気軽にトライしてください!

 

@キャップの先端部分を折るようにして引き抜きます。
Aインクリアを挿入しやすい体勢になります。
Bインクリアの容器を先端から5センチ〜8センチ挿入します。
C容器のピストン部分を押し出し、ジェルを膣内に注入します。
Dゆっくりと容器を引き出します。

 

たったこれだけで膣内環境を改善する成分が浸透、不必要な雑菌や汚れを排出させることができます。

 

インクリアの正しい使い方をするだけでも、効果を感じることができますが、もっと早く効果を実感したい方のためにインクリアの効果が出やすい使い方を調べてみました!

 

 

<インクリアの効果が出やすい使い方はタイミングが重要?>

 

インクリアは誰にでも安心して使うことができる膣内洗浄ジェルです。

 

効果的な使い方として大事なのはインクリアを使用するタイミングです!

 

インクリアはいつ使わなければいけない決まりはないのですが、使うタイミングを変えるだけでもさらにインクリアの効果を実感することができます。

 

・生理の終わりかけ

 

生理中は体の免疫力が低下するので、通常時より雑菌の繁殖が活発になり、体に負担をかけやすくなります。

 

生理の終わりかけ頃に使うことで雑菌の繁殖を防ぐだけでなく、終わりかけの生理を早く終わらせる作用もあります。

 

・閉経後

 

閉経しているのにインクリアを使う必要があるの?と思われている方もいると思いますが、実は閉経後は女性ホルモンの低下により、膣内で細菌が増殖しやすくなります。

 

意外にも閉経後に膣内環境のトラブルを起こす方が多く、一度かかるとクセになりやすいので何度も病院に行かなくてはいけないことも…

 

インクリアで細菌を排出して、老人性膣炎などの症状を予防しましょう。

 

・疲労、ストレスが溜まっている時

 

ストレスが溜まり、イライラや集中力の低下が起きていると体全体の免疫力が落ちるので、雑菌が繁殖しやすくなります。

 

他の病気とも併発しやすいので、インクリアで雑菌の繁殖を抑えましょう。

 

 

使うタイミングをちょっと変えるだけでもインクリアの効果をさらに実感しやすくなります。

 

そして使うタイミングも重要なのですが、実はインクリアを始める時に肝心なのは最初の3〜4日の間!

 

 

<使い始めの3〜4日は毎日使おう!>

 

インクリアは使用頻度としては、臭いが気になったタイミングでもいいのですが、大体5日〜7日に1本程度の使用で効果を継続させることができます。

 

ですが、インクリアを始めて使う時はまだ膣内に悪臭の原因となる雑菌が多く繁殖しています。

 

初めの3〜4日集中に1日1本ずつインクリアを使うことで、悪臭の根源である雑菌を抑えることが出来ます。

 

インクリアの効果的な使い方を知ることで、効果をさらに実感することができます。

 

これからインクリアを始めようと思われている方は上記の効果的な使い方を参考にして、インクリアでデリケートゾーンのケアを行ってくださいね。

 

>>インクリアの公式サイトはこちら