いつもよりニオイが気になる!膣内洗浄で本当に改善されるの?

あそこのニオイやおりものが気になって「一度、膣内洗浄を試してみたい!」と考える女性は多いですよね。

 

しかし「膣内洗浄はやめたほうがいい」なんて話も聞きます。そんな膣内洗浄の効果について、メリットとデメリットをまとめました。

 

膣内洗浄のメリット

ニオイの軽減に即効性がある

あそこのニオイは、皮脂や汚れをエサとしている細菌が繁殖する際に発生します。あそこのニオイがどうしても気になる場合、膣内洗浄をすることで、細菌が繁殖するのを防ぐことが出来ますので効果的です。

 

生理を早く終わらせることが出来る

生理の終盤は経血がダラダラ排出されているだけですので、膣内洗浄をすることで、残留経血を洗い流す事ができ、結果的に生理を早く終わらせる事が出来ます。

膣内洗浄のデメリット

自浄作用が弱まる

本来、膣内には自浄作用があり、乳酸菌によって酸性に保たれています。膣内をわざわざ洗うということは、雑菌から身を守るための乳酸菌をも流してしまうということですので、病気へのリスクが高まるのです。

 

ですので、膣内を水で洗浄したり、頻繁行なうのは控えたほうが良いでしょう。

膣内洗浄の主なメリット・デメリットは以上です。

 

ここまで読んで「避妊の効果があるって聞いたんだけど!?」なんて思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ここからは「膣内洗浄のウソとホント」についてまとめます。

 

膣内洗浄のウソ・ホント

避妊には使えるって本当?

これはウソです。妊娠のタイミングは射精の瞬間です。確かに事後に膣内洗浄する女性は多いようですが、避妊として効果があるわけではありませんので、避妊具の代わりとして使うのは絶対にやめましょう。

 

オリモノが減るって本当?

これはウソでもありホントでもあります。膣内の雑菌がオリモノの増加の原因になります。ですから、膣内洗浄で雑菌を抑えることでオリモノを減らせる可能性は十分にあります。

 

ただし、膣内洗浄だけでは治らない病気もあるため、必ずしもオリモノが減るとは限りません。

 

オリモノの量が多いだけでなく、他にも異常がみられる場合には、自己判断せずに病院へ行ったほうが良いでしょう。

 

膣内洗浄っていくらかかる?産婦人科とセルフケア比較

 

膣内洗浄にはメリット・デメリットがありますが、ニオイの軽減にはとても効果的です。

 

やり方は2パターン。産婦人科でやってもらうか、ドラッグストアで膣内洗浄器を購入して自宅でやるかのどちらかになります。

 

産婦人科でやったほうがいい場合

産婦人科で膣内洗浄を行なったほうが良い場合というのは「病気の可能性がある場合」です。オリモノの臭いだけでなく色・状態にも異常がある場合は産婦人科へ行きましょう。

 

病気だと分かれば、膣内洗浄が必要かどうかの判断もしてもらえますし、飲み薬など別の処方による治療になるかもしれません。

 

また、病気ではないとハッキリしている場合、産婦人科の膣内洗浄は若干値段が高いです。

 

産婦人科の膣内洗浄は大体1回につき3000円から4000円かかります。

 

膣内洗浄器でのセルフケアでいい場合

産婦人科での膣内洗浄はかなり高額ですから、少しニオイが気になるから洗浄したいというだけならセルフケアで十分でしょう。

 

ドラッグストアで買える膣内洗浄器なら、1回400円程度で購入出来ますよ。

 

関連ページ

ドラッグストアで買える膣内洗浄器!自分の悩みに合った膣内洗浄器を選ぶのがポイント